レミオロメン ZEPP福岡 2005.05.29

ここでは、「レミオロメン ZEPP福岡 2005.05.29」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
今日は久々のライブです。レミオロメンのライブといえば去年の九州共立女子大の学園祭以来でしょうか。とうとうレミオロメンもZEPPでやるようになったか・・・と感慨深いものがあります。
くるりが初めてZEPPでやったときも感慨深かったんですが、くるりを知ったときはすでに2ndシングルの「虹」が出てもうそこそこメジャーになっていたところに対しレミオロメンを知った時には「雨上がり」のみ。
初めてのレミオロメンのライブなんてキョードー西日本のメール会員なら申し込めば誰でも見れる無料招待ライブでしたから。そんな彼らの現在のメジャーに至る過程を共に体感している分思いもひとしおなんですね。
1stアルバムが突然のCCCD仕様になったときの公式サイトの掲示板の荒れようを見たときにはこの先どうなっちゃうのかと心配しましたが、よくぞ腐らずここまで大きくなったもんですなあ・・・
なぁんて感慨も次第にあせりにかわる。駐車場がまったくないのです。ゼップが福岡ドームの横にあるおかげで野球がある日は駐車場がまったく空きません。福岡のホークス人気のほど凄まじき。会場に入れたときにはすでに「フェスタ」を演奏中でした。
会場は予想通りぎっしり詰まってましたね。あまりの人の多さに会場の最後尾から全く前に進めず、なんだかステージからの距離が遠い存在となった彼らをあらわしている様で寂しさを感じずにはいられませんでした。・・・とか思ったのは後づけで、しっかり人ごみを掻き分けて真ん中くらいにはいきましたけども。
久々のライブで感じたのはレミオロメンのファンは一緒に歌っている人が随分多いなあと。周りをみるとノリノリで激しく体を動かすつーより軽く手を上げてリズムを取りながら口ずさんでいる人が多かったかな。ボーカルの藤巻君の声を追ってファンの合唱が聞こえるような。「南風」で藤巻君が観客にマイク向けたときにはあれだ。中学ん時の合唱コンクールだ。あれに似た一体感みたいなのを思い出しましたよ。ま、当然俺もその合唱団の一員だったんですけれども。ロックつーよりはフォークののりに近い感じですかね?
シングル曲はもちろんファンのツボを抑えたところをあますとこなく演奏しライブは終了。アンコールは「アカシア」「日めくりカレンダー」「海のバラッド」で締めでした。個人的には「太陽と煙」「虹色」なんか昔の曲も聴いてみたかったですね。
改めてレミオロメンはいいバンドだと感じましたね。無理に大人ぶらず、無駄に理屈っぽくなく、反社会的でも暴力的でもない。等身大という言葉がこれほどぴったり当てはまるバンドはそうそういないと思いますよ。やっぱし「雨上がり」は何度聴いても最高ですね。
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

関連タグ : レミオロメン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/7-b65f2b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。