SEKAI NO OWARI HALL TOUR 2012 ENTERTAINMENT 福岡サンパレス 2012.10.06

ここでは、「SEKAI NO OWARI HALL TOUR 2012 ENTERTAINMENT 福岡サンパレス 2012.10.06」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
2012.10.06に福岡サンパレスであった「HALL TOUR 2012 ENTERTAINMENT」に行って来ました。
ポスター
中は撮影禁止なんで近辺を撮影をば。残念ながら来年初めのアリーナツアーに福岡は含まれてないようですね。

物販
開演前の物販。後にも物販待ちの客の行列は続く。後のライブで気付くんですがタオルの購入率が半端無かった。もしかして全員買ってるとちゃうんかと。


感想
ENTERTAINMENTと題しているだけあって非常に趣向を凝らしたライブでした。ひたすらまじめに楽曲を演奏し続けるのかな?っと思ってたんでいい意味で予想を裏切られました。
背面スクリーンを使っったメンバー紹介から始まり、途中SEKAI NO OWARIの結成秘話のムービーが流れれば、メンバーは学生服姿に深瀬君は金髪のかつらすら被ってました。まぁムービーの中だけのちょっとしたおふざけかな?とか思ってたんですが、そのあとリアルで学生服姿のメンバーが登場しそのまま演奏。開演はじめメンバー同士で会話がかぶってたりとMCがまだまだな分そういったところでお客さんを楽しませようとしてたのかも。
楽しませようといえば、ファコンロボみたいなのが出てきて動きと喋りで客を煽ったりしてるのも一風変わってるなぁと。あ、このファミコンロボもといOMC-1はSEKAI NO OWARIの5人目のメンバーらしいです。声は山寺宏一でしたと声優オタの嫁歓喜。
私が面白いと思ったのはメンバーの前に薄い幕が降りてその幕に映像が写ったり、メンバーがシルエットだけになったりとする演出です。薄いとはいえ観に来ているお客の前でメンバーを隠すというのが斬新なのと、ガラスにヒビが入った映像が映し出され段々とガラスが崩れ行く様に合わせて幕が上がる演出がもうかっこいいなと。パチスロで言ったら鉄拳2ndで仁が画面を割るような…うーんパチンコ・パチスロ好きなこの熱さ、わかってくれるとおもうんだけどなぁw

で、肝心の楽曲の方なんですがライブの生音で再確認するもSEKAI NO OWARIは良くも悪くもやっぱし中二病だなぁと。黒歴史として封印しときたい感情をガンガン開封してくるといいますか。SEKAI NO OWARIって一見リスナーは若い人ばっかしにみえて実は10代後半から20代前半のファンは少ないんじゃないかぁと思うんです。この年代にはSEKAI NO OWARIは広すぎる風呂敷と実生活との乖離が痛いだけにしか聴こえない人もいて。ですが私のようにもう歳も30後半になると「何かこっ恥ずかしい事言ってるけど自分でも本気でそう思ってた時期があったよねぇ」とか「現実には微塵もそぐわないけどそういう気持ちはもっていたいよねぇ」とか1周回ってそう思えるような懐かしくもあたたかい気持ちになれるんですよね。中村一義の永遠なるものの最後に「ああこの幼稚な気持ちがどうか永遠でありますように」とありますがそれに近い感情が持てるというか。
会場最年長を覚悟して臨んだ今回のライブですがまだまだ私より年長に見える方と逆に小学生後半から中学生に見える親子連れが意外と多く見られたことから私と似た感覚の方が結構いらっしゃるんじゃないでしょうかねぇ。
バンド名からして揶揄や中傷は避けられないSEKAI NO OWARIですがそういうのは気にせずこれからも思ったままにやってほしいと願うバンドの一つです。

公式:SEKAINO NO OWARI OFFICIAL
wikipedia:SEKAI NO OWARI
関連:心に刺さった歌詞と中ニ病


戦利品
今回の戦利品。
DJ LOVEが1Fの客めがけてバズーカクラッカーで発射した中身のひらひら?です。感心したのはライブスタッフ。バズーカが届かない2F席までわざわざこのひらひら?を持ってきてくれました。こんなもんどうすんだ?とか言いつつしっかり持って帰ってくる私。こういうスタッフの気遣いは素直に嬉しいですね。
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

関連タグ : SEKAINOOWARI,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/577-bc68e830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。