初めてのミュージカル エリザベート 博多座

ここでは、「初めてのミュージカル エリザベート 博多座」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
前回に引き続き保険屋さんありがとう企画第2弾です。タイトルどおりミュージカルは初体験ですのでこれから的外れなことをぬかすかもしれませんが、そこはなまあたたかい目で見守ってあげてご容赦の程を

eriza101.jpg

まぁとりあえずどんな話しかってのを抜粋すると

19世紀末、暗殺されたオーストリア皇后エリザベート。煉獄の裁判所では百年経った今も暗殺者ルキーニへの尋問が続き、闇に閉ざされた世界の中で、彼はエリザベートの生涯を語り始めます。
自由を謳歌する父を心から愛する少女エリザベートは、ある日、木から落ちて生死の淵を彷徨います。彼女に一目で恋に落ちてしまった死の帝王トートは、そんな彼女の命を奪わず現世に帰します。その後オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフに見初められ、結婚したエリザベートを待っていたのは厳しい宮廷での生活と、姑の皇太后ゾフィーとの確執でした。窮屈な宮廷生活、夫とのすれ違い、孤独を募らせながらも、エリザベートは自らの意思を貫いていきますが、彼女の背後には常に死の影、トートがつきまといます。
ハプスブルク帝国終焉を目前にした激動の時代。エリザベートを取り巻く愛と死の悲劇が幕を開けるのでした。
引用元:博多座 公演のみどころ



まず第一幕。
高嶋政宏(ルイージ・ルキーニ)が首を吊ってるシーンから唐突に始まります。なんでもルキーニはオーストリアの皇后エリザベートを暗殺した罪で100年経った今でも死者の世界で裁判にかけられてるんだそうな。あ、もうエリザベートはいきなり死んじゃってるのね(笑。殺した動機を求められるとルキーには「エリザベート自身が望んだことだからだ!」と答えるんですが、ははーんつまり今から「どうしてエリザベートが自ら死を望んだのか」が解明されてくわけですな。

と、分かったのは最初だけ。
ミュージカルってのはセリフがあってその要所要所で歌や踊りが入るもんだと思ってたんですが、これが全く逆でした。もう劇中ほとんど歌いっぱなし。その歌の間にセリフがちょこっと割って入る程度。ほぼ全てが歌によってストーリーが進んでいくもんだから歌詞が聴き取れないともう話がさっぱりわからない。
せっかく王家に嫁いだのに姑とはそりが合わないわ旦那はマザコンで全然言った事聞いてくれないわでエリザベートもなんかわた鬼みたいで大変だなぁと思ってたら第一幕終了

eriza103.jpg
休憩30分の間に2Fの喫茶店でデザートをいただく。何種類かのデザートの中からどれでも3種類選んで400円。それにプラスして300円のロイヤルミルクティーをば。この喫茶店は博多座と道路を挟んでちょうど反対側にあるSLOW +K 中洲gate's店が出張してきたものらしい。食べ放題のデザートをそのままこっちにもってきただけかと思うとちょいと複雑

第2幕
第1幕より動きは激しくなってきたもののやはりスートリーの大半が歌と踊りで進んでいくのでなんとなくしか内容が把握できず。話がよくわからないのでもうへんなところばっかしに目がいってしまいます。売春宿のシーンできわどいかっこをした女性ダンサーズがわんさか出てきたんでもう楽しむところはここしかないとオペラグラスを取り出そうしたところで母親と来てた事を思い出し自粛したり、上半身裸で踊る男のダンサー達全員が腋毛が無いのに驚いてオペラグラスを借りてもういちど確認したり(全員つるつるでした)、トート(山口祐一郎)とルドルフ(浦井健治)の男同士のキスを見て(しかも2回続けて)何故か自分が恥ずかしくなったりと。
んで劇の最後の最後、ルキーニがどうしてエリザベートを暗殺したのかの理由なんですけど

ルキーニ「ほんとは皇帝を殺すつもりだったんだ。だけどいなかったからエリザベートを殺した。偉そうなやつなら誰でも良かったんだ」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
セリフの一句一句まで詳細に憶えていませんが、ルキーニはおおむねこんな内容を吐いてたはず。「エリザベート自身が望んだら殺した」なんて劇冒頭で思わせぶりに最後の最後まで引っ張っといて結局エリザベートは通り魔的に殺されただけだったなんて。だとするとこんなしょうもない理由なのに100年経っても死後の世界で未だルキーニが裁判され続けている意味が分かりません。うーむ、結局終わった後ももやもやが続くストーリーでした。
納得いかないんでウィキペで検索してみたんですけど、うーむ、納得できたような。納得できないような。やっぱ暗殺は彼女が望んだ死という解釈でよかったのか?
エリザベート (ミュージカル) - Wikipedia

上のウィキペにはストーリーが詳細に最初から最後まで書いてあるのでネタバレになるんですが、自分と同様にミュージカル初体験って方はむしろ初めに見といてストーリを把握した方がミュージカルに熱中できるんじゃないでしょうか。これはもう前回の歌舞伎と同じですね。ミュージカル初体験という事はいままでこういった芸術に造詣がなかったっていうこですから予習はやっぱり必要なんじゃないかと思いました。


※キャストについて
どうせなら武田真治を見たいと思ってたんですが、トート役のWキャストである山口祐一郎って結構有名な方なんですね。NHKの篤姫にも出てるそうで。エリザベートに関してはウィキペで見るともう8年以上トート役をやってるそうなのでキャリアがある分この人のを見れて良かったのかも。声の震え具合、低から高への音域の幅、そして声量、凄いと思いました。身長も186cmと長身ですんで夜の帝王としては山口祐一郎の方がイメージ的にもあってたかな。
大河ドラマ 篤姫 島津久光
エリザベートではばっちりメイクしてるんでどんな顔かなぁと思ったんですが男前ですね。もの静かで多くを語らない佇まいです。
第7回「トート閣下・登場です」
と思ったら動画を見るとなかなかおちゃめな方ですね。51歳には見えない。

今劇ではルキーニ役の高嶋政宏が一番良かったと思います。終始出ずっぱりで本当の主役と言っていいくらいです。同じく高嶋政宏もルキーニ役を8年以上やられてるみたいですので安定感があるというか劇中のムードメーカーであったのは間違いないと思います。「しぇからしか!」と博多弁をはさんでくれるあたりはご愛嬌。

ストーリーはよくわからなかったものの母曰く「まぁミュージカルは踊って何ぼストーリーなんてオマケ程度」ってことですので、わけがわからなくても歌と踊りをみてるだけでもそれなりに楽しめると思います。自腹を切ってまで見に行くか?と問われれば歌舞伎どうよう正直微妙ですけど予想してたよりは悪くないもんだなぁとおもいましたよ。席がA席だったせいもあったかもしれません。自腹で買うと15500円・・・保険屋さんありがとう(´∀`*)
帝国劇場 ミュージカル「エリザベート」
博多座 公演案内


おまけ
eriza102.jpg
今回の弁当。保険屋さんからただで昼食券もらったんで文句はいえないんですけど、前回の歌舞伎と全く同じメニューで驚いた

前回のエントリー
初めての歌舞伎鑑賞 博多座 二月花形歌舞伎
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/528-13cd9e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。