初めての歌舞伎鑑賞 博多座 二月花形歌舞伎

ここでは、「初めての歌舞伎鑑賞 博多座 二月花形歌舞伎」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
一生行くことのないと思っていた「歌舞伎」を見るために博多座までやって来ました。もちろんチケットを無料で譲ってもらったからです。母親が保険屋さんからもらったらしい。保険屋さんからは定期的に博多座のチケットをもらってるんですが、それが北島三郎やそこいらの演歌歌手のチケットだった場合は母が、ですが今回もらったのは歌舞伎のチケだったので(しかも一枚コッキリ)自分のところへ回ってきた次第というわけです。それでも今までの自分ならタダでも時間の無駄だとキッパリ断ってたんですけど、まぁ・・・後学のため1回くらい見とくのも悪くないだろうと。
で、今回見に行った演目はこちら
博多座 二月花形歌舞伎
出演されるのはこの方達です(と思う)
hakataza02.jpg
中村獅童以外全然わからねぇ。櫛田神社での節分の行事にて。公演のための宣伝イベントを兼ねてるんでしょう。この写真を提供してくれたのは海老蔵を見るためだけに高知県まで遠征した某職員の方。これを見てたらたまにはコメントしなさい!

入り口に入ると1000円の保証金と引き換えにイヤホンガイドの貸し出しを行っていたので初心者な自分は迷うことなく即レンタル。でもこれ、「説明ガイドが録音されて1000円ポッキリならもって帰った方が得じゃね?」と一瞬魔が差したんですが何のことはないただの受信機です。公演中に流れてくる解説ガイドの電波を受信するってだけの代物ですのでみなさんも素直に返しておきましょう(そして1000円返金)。

第一演目 義経千本桜 二段目まで
滅亡寸前の平家一門である平知盛(中村獅童)が壇ノ浦で源義経(市川亀治郎)をだまし討ちしようとしたところ逆に返り討ちに合うという内容。大碇を担いで海に身を投げる平知盛の散り際が最大のみどころか。

感想
第一演目だけで2時間座りっぱなしなのはきつい。座席せまっ。劇の内容よりとなりのおばちゃんとの肘掛の取り合いにやっきになる。この第一演目こそが恐らく正統派の歌舞伎なんでしょうが、ここに居るのが辛ぇ。動きも少なくセリフ回し中心で劇が進んでいくんですけど古語のため何を言ってんのかてんで分からないOTL。何言ってるか分かんないからストーリーも全然分からない。今何をやってるの分からないまま見続けるのはすっげ~ストレスがたまる。だもんで早々に退屈になる。これは困った。
結局おばちゃんとの肘掛の取り合いにも敗れ、することがなさ過ぎるあまりチケットに同入していたチラシなんぞをみていたら・・・ちゃんとそれにストーリーが全部書いてあるじゃないですか。もうストーリーさえ分かってしまえばこっちのもんです。役者が何言ってるか分からなくてもノープロブレム。劇に集中できます。台詞回しや役者の動き、使われている楽器や舞台のセットなどそういう細かいものに注目しつつ全体の雰囲気も感じれるようになってきました。こう余裕が出てくると歌舞伎も段々楽しくなってきますね。
正直チケットは全然安くないので、自腹で歌舞伎を見に行こうとする人は自分が見ようとする演目の内容くらい、ちゃんと把握した上で見に来てるんでしょうね。古典落語を見に来る常連さんのように。
ですが、自分のようにタダでチケットをもらったとかいう超真性のド素人の方はチラシなど見て事前に演目の内容を把握しておくべきです(出来ればパンフレット購入@1500円)。でないとホントに肘掛の取り合いだけで2時間終わってしまいますよ?
でも義経千本桜ってホントは四段目まであるんですよね?こんな調子で倍の時間やられた日にゃあ・・・恐らく歌舞伎はもうこねぇよヽ(`Д´)ノとなっていたと思います。

第一演目終了後30分の昼食タイム
hakataza01.jpg
チケットには昼食券も同梱されていたので引き換えてもらう。保険屋さん様様です。様様ですが。あまり美味しくなかったのでどこの弁当だったかは伏せさせていただきます。

hakataza03.jpg
2階から撮影してどんだけごった返してるか撮ろうとおもったんですが写真だと逆に少ないように見えますね。平日などお構いなしの混雑具合。

第二演目 高坏(たかつき)
高坏(食物や盃をのせたりするのに使う足つきの台のこと)を知らない次郎冠者が高坏と騙されて高下駄を買わされる。主人である大名はちゃんと頼んだものは買ってこないはそのくせ酒で酔い潰れてるはでもう怒り心頭。次郎冠者を追い回すのだが、次郎冠者の繰り出す陽気な踊りになんだか大名も楽しくなってきて最後は仲良く踊りだす。

感想
弁当食った後で第一演目みたいなのをやられたら確実に寝るな。と思ってたんですが、そこは主催者側も見越しての事か?打って変わってミュージカルかというくらい動きまくングです。セリフなんてほとんど無い様なもの。劇中のほとんどが次郎冠者の一人舞台です。劇の見所は次郎冠者の「下駄タップダンス」って事だったんですが、確かにコレは面白い。まるで踊りまくってるだけで終わったインドの映画を観たような感覚?まぁインドも江戸時代も日常から乖離してるって点では似たようなもんなのであながち間違った解釈じゃないかも。とにかくこの第二演目のおかげで俄然見るのが楽しくなってきました。次郎冠者を演じきった「中村勘太郎」。この子は売れるね(もう十分売れてるのか?)

第三演目  団子売
団子売りの夫婦が突然道端で踊りだすというもの。もう最後の演目になると内容もクソもないですな。

感想
これまた終始踊りまくリング。これもインド映画仕様です。第二演目よりコミカルさを少し抑えてそこに優雅さをプラスしたといった感じでしょうか。第二演目が終わった時点でかなり楽しくなってきたのでこれも十分楽しめました。第一と違い後半の第二第三演目は40分程度しかありません。盛り上げたところでスパッと終わる。第一演目も2時間も長々せんと二分割にして短くまとめれば・・・と思ったんですけど、歌舞伎が本当に好きな人から言わせれば第二第三は邪道だといわれるに違いない。 背景がなんとなく大宰府天満宮っぽく見えたんですが、ちょいと福岡を考慮してのことかな?

総評
思った以上に全然堅苦しくなく楽しめました。ですが正直自腹を切って見に行くかと問われればまず行くことは無いと思います。
ほんとに客席から「中村屋!」と合いの手を入れてて笑いました。言い方もこれと一緒です。「中村屋!」と聞くとグループ魂のこれがもう頭の中をループしてしょうがありません。
pya! 中村屋
pya! 中村屋 弔辞バージョン

hakataza05.jpg
公演終了後、もうここには来ることは無い思い、係員に了解をとってから撮影してみました。さすがに平日なので3階席まで満席とはいってませんでしたが、1階席は満席でしたよ。歌舞伎って普通に人気があったんですね。完全な自分の認識不足。

hakataza06.jpg
席は1階の7列のA席ということで役者の表情まではっきりわかってかなり良い席だったんですけど花道とは真逆でした。だもんで記念に。

hakataza04.jpg
3階の隅にガラス張りで飾ってあったミニチュア。獅童演じた平知盛にそっくりな人が真ん中にいるんですけどもしかしてコレ「義経千本桜」のミニチュアだったのかな?


最後にちょいとした耳より情報なんぞを

■学生当日特別料金について
学生を対象に当日の開演20分前に残席がある場合、学生証をご提示いただければ半額の値段で観劇いただけます。


学生さんはお得ですね。
と驚いたんですが歌舞伎見る人ならこれって常識?
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

関連タグ : 雑学,

コメント
この記事へのコメント
>yumikoar@さん
自分なんかは豆まきをやってる事すら知りませんでしたよ。博多座特番はわざわざ母がメールで教えてくれました。「あんたが昨日見に行った歌舞伎がテレビにでとーよ」って(笑
「和の再発見」ってのは確かにブームかもしれません。ブームというより将来への期待と希望?
日本人ってなんだか自虐的な人が多いような気がしますが、もう少し日本人って自分の国だとか文化に自信をもってもいいとおもうんですよね。ってポジティブにネガティブ思考を求める自分なんかが言えるセリフじゃないですけども(笑
2008/02/19(火) 00:49 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>あきのすけ氏
まぁ誤字はご愛嬌で。
それにしてもレポ読む限りは夜の部は亀治郎の一人舞台のようですね。八面六臂の大活躍ってやつ?
6月の情報感謝です。
やっぱ疎い自分じゃ歌舞伎の情報は集められません。
次回も期待しとります。
なんならこの場でエビゾーに対する熱い思いを語られてもいいですよ?
2008/02/26(火) 02:17 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>yumikoar@さん
もうわたくしなんぞ無視して下さって結構ですので、聞きたいことなどありましたらあきのすけ氏へコメントして下さい(笑)
得意分野はエビゾーらしいんですが自分なんかよりは断然歌舞伎に精通しておりますゆえ。
yumikoar@さんはもう6月に行かれる事に決定ですかな?
2008/02/26(火) 02:13 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
こんばんは、先日は訪問ありがとうございました。
歌舞伎も狂言も、基本は変わらないと思います。
全く慣れない1回目より、少しでも理解出来た後に行く2回目以降が面白いのも(きっと)。
「××屋!」のかけ声、やってみたい事の1つでもあります。出来る人が羨ましいです。
私の行った狂言(自腹!)は、野村萬斎さんの出演するものだったのですが、演目前に萬斎さん本人が話の説明をしてくれます。
もちろんパンフもありますが、文字では伝わりにくい所も分かる嬉しい説明です。^^)
母と行っていたのですが、計4回(年1回)行く程楽しかったですよ。
会場を見る限り、私が行った所と差の無い席の狭さですね。(笑)
肘掛けなんか使いません。自分の膝が肘掛け代わり(いわゆる前屈みの姿勢)、または行儀良くまっすぐ座ります(もちろん手は足の上)。※普段はこんな行儀良くはありません、場に合わせて頑張っているだけです。^^;)
FLASH『中村屋』は面白いですよね。空気の読めない酔っ払いオヤジ達に、イライラしつつもにやけちゃう。サイゼリヤが九州に無いのが残念です。(笑)
2008/02/09(土) 20:31 | URL | holtz #-[ 編集]
☆さんも、日曜かな?博多座で観劇したらしいです。一人でも楽しんだみたいで、なんだか嬉しいですわ。ところで、わたくし、高知県ではなく、香川県に遠出したことがあります。朝4:00に家を出て、JR乗り継ぎでギリギリ開始に間に合いました。金丸座っていう熊本の八千代座(っていってもわからんよね?)みたいなとこ。すんごい席が狭くって狭さに感激でした。肘掛けなんて全然ないし。今度チケットもらって不要なときは、引き取りますよ~
2008/02/12(火) 09:20 | URL | あきのすけ #-[ 編集]
すっきりできてよかったです。私は「午前の部」しか見てないんですが、今になって「午後の部」も見たかった!と思っております。亀次郎の6変化が見物だったらしいです。しかしチケットとった当時は両方なんて考えもしなかったもんね、ていうか、「なんで私が歌舞伎?」状態だったんで。うーん、日本文化おそるべし!
2008/02/17(日) 11:00 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
おひさです。6月歌舞伎の演目が決まりましたね。あきのすけさんの情報どおりでしたね! 弁天小僧を観たいんだけど佐世保から出向くとなると「夜の部」はちときびしいです。2月より時間が長くなってますしね。(チケ代も高い・・・)交通費+チケット+宿泊となると、う~ん、やばばばいやいやい。福岡市内在住の人がうらやまし~。
2008/04/08(火) 17:21 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
>holtzさん
サイゼリヤと聞くと小林亜星を思い出します(それはサイデリアです)
年代バレれつつさらに恥を晒すと歌舞伎と狂言の違いってのも未だに良く分かってないんですよね自分は。歌舞伎にも歌舞伎狂言というものがあるようですがこれはいわゆる狂言とは違うようですし。また狂言と能ってどう違うんだろ?
半ばかじってしまっただけに余計にパニックなってきています。うーむ勉強が足りん。
2008/02/10(日) 23:48 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
コピペしたとこ もいっかい見てみたら、誤字あったらし。ダッタンって書いてあるとこ 達陀ってさ。どっちもなんのこっちゃ だけどネ
2008/02/25(月) 18:27 | URL | あきのすけ #-[ 編集]
二月の時はJRから観劇パックというのがあったのですが、席がおまかせになるみたいなので、なんだかねー。ホントに昼の部でいいのか、日にちはいつがいいか、A席にするか、はたまた特B席に甘んじるか?などなど、ほんまに悩むことが多いですわ。
今回は保険屋さん、チケットくれそうにないですか?
2008/04/09(水) 17:30 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
はいはい、ブログですね、うーん、はじめたくないわけでもないんですが(回りくどい言い方や)もしカキコが殺到したら睡眠時間がなくなりそうなのでずっと保留になってます(笑)始めればハマりそうな気もしますが。
歌舞伎に関してはまだまだ未知数ですかね。はたしてこちらも深みにハマっていくのか?大謎!
追伸)ブログランキング2位になってますね!
2008/03/02(日) 10:55 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
昨日、23日に千秋楽の夜の部見てきました。先週まで昼の部と思ってたわけですが、
友人に確認したところ、勘違いとわかりました(アヘ)
JRの観劇切符かな?16,000円で歌舞伎チケットと、熊本⇔中洲川端(地下鉄込み)の
切符がついてて、博多座のグッズももらえるオマケつき。千秋楽の最後の公演ってことで満員御礼。
補助席とか立ち見が出てました。
舞台挨拶が開演の5分前にあるとは露知らずゆったりしていたら、チケットモギリのお姉さんが
『あと1分で七之助丈の舞台挨拶で~す』といいだし、あわてました。
久々に階段2段飛ばしの勢いで走りました。
上りながら、チケットで座席の確認をしたら、2階席の1番前の席だそうで・・
えび様だと、事前にチェックしてるんだけど、どうも気合が半分で・・さらに階段駆け上がり・・
七之助の登場と私の着席はほぼ同時でした。
って、まだ着席するとこまでなのに、こんなに長く・・・じゃ このつづきは、またいつか。
PS 最後の最後 カーテンコールが3回くらいありまして、7人衆がそれぞれ花道を通って〆めだったです。
客席にダイブした方も・・・もちろん衣装のままで。ビックリしましたデス。
2008/02/24(日) 17:04 | URL | あきのすけ #-[ 編集]
>yumikoar@さん
情報ありがとうございました。
字幕スーパーの件ですが将来的に地デジになると字幕の切り替えが出来たりするんでしょうかね?字幕がオン/オフできると、とりあえず録画して一回目は字幕なしで見て2回目は字幕ありで答え合わせ・・・的な見方をすると英語も歌舞伎観劇も早く上達しそうです。
普段NHKとはてんで無縁の生活をしておりましてましてや教育の方となるとなおさら・・・。今後はも少し広い視野でテレビ欄を見ることにしよう(でもやっぱし見るのはテレビ欄だけ)
2008/03/24(月) 18:59 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>yumikoar@さん
でしょでしょ!
やっぱし最後の団子売りの背景は太宰府天満宮でしたか!
イヤホンガイドでそう解説してましたか!
自分もちゃんとイヤホンガイド耳にしてたはずなんですけどねぇ_| ̄|○
yumikoar@さんのおかげですっきりしましたm(_ _)m
2008/02/14(木) 22:23 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>yumikoar@さん
たしかに佐世保からだと交通宿泊が馬鹿になりませんね。どっかの旅行会社に観劇宿泊パックみたいなのがあると良いんでしょうけど。
ということはyumikoar@さんはとりあえず昼の部は行く事で決定ですかな?場合によっては夜にバージョンアップするみたいな。
2008/04/09(水) 01:06 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
はじめまして。博多座の二月花形歌舞伎、自腹で行きましたですよ、午前の部。母が「観たい!」と言うもので、軽いおつきあい程度だったんですが、すっかりハマってしまいました~。歌舞伎とか狂言とかって、私のジャンルの限り無く遠い場外だったんですが、いや~食わず嫌いはだめっすね。ドラマとか映画でしか見たことのない人達(獅童とか七之助)歌舞伎役者だってことを改めて認識しました(笑)
2008/02/12(火) 15:04 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
金丸座、行ってみたいですねぇ。劇場の雰囲気を楽しむのもオツなもの。歌舞伎座、南座、時間とお金に余裕があれば遠征したいところですが。。。それにしてもお弁当付きチケット(しかもかなりいい席!)を下さるとはなんて素晴らしい保険屋さんなのでしょう!ちなみに第三演目の舞台設定は福岡バージョン『太宰府天満宮』だそうです。イヤホンガイドで解説してました。ビギナーにはわりとお役立ちモノでしたよっ
2008/02/14(木) 16:06 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
>kobitoさん
自分のようにタダでもらったかんで…みたいなついでの理由と違って、目的をもって貯金されてたんでしたらそれは観劇は感激だったでしょうね。
伝統芸能だからといって堅苦しいと構えずこれからはもっと積極的に触れ合っていきたいものです。ただ…、やっぱしお高いよなぁ。今回は若手中心だから12000円だったものの通常は15000円もするらしいですし。うーむ、やっぱし日ごろから目的を持ってコツコツ貯金していかないとなかなか積極的には触れ合えないですね。
2008/02/11(月) 19:40 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
睡眠時間が無くなる位カキコが来るなんて管理人からしたら嬉しい悲鳴ですよ(笑)
実際うちなんかの弱小ブログじゃそんな状態にはまだまだ遠いですね。一日1万ヒットくらいにならないと。そこまでブログを育てるのはほんと大変・・・というか普通にやってたらまず無理でしょうねぇ。ま、うちは弱小ブログなのを活かしてこれからも好き勝手なことを書いていきます(笑)
深みにはまるかはまらないか。これは飲食店でよくありますね。初めて食べたときはとても美味しかったのに、それを踏まえて2回目来店してみると「あれ?」みたいな。
yumikoar@さんにとって今度の6月公演が本当に歌舞伎好きになるかどうかの分水嶺になりそうですね。
2008/03/02(日) 14:18 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
新しいだけあって、椅子は座りごこちいい方だと思うんですけど、、、辛かったですか?(笑)
義経千本桜は長い長いお話で、今回はその中の1幕。
笑いあり涙ありで見所満載のはずなんですけど。
でも、肘とり合戦、わかります!!長距離バスで隣あわせの方とのせめぎあい本当にストレスになりますもんね。
あの「中村屋」、「成田屋」などの掛け声は専門の方がかけてらっしゃいます。
入れるタイミングがあるみたいですよ!ようするにさくらです(笑)
是非是非、これに懲りずに自腹でも行ってみてくださいネ。
って何度も言いますが、松竹の回し者ではありませぬ。
2008/02/10(日) 12:17 | URL | あやのすけ #HV7/p.k.[ 編集]
>あやのすけさん
そこいらの松竹社員より熱心に宣伝されてたりして(笑)
座席が狭く感じたのは、わたくしダイエットの途中でして、しかもまだまだ目標に達してないからでして・・・。
またまたタイムリーなことに土曜9日の朝10時ごろテレビで「二月花形歌舞伎」の特番やってたんですよ。山本華世が専門の方(常連さん?)に習って「初めての掛け声体験」みたいなのをやってました。掛け声入れるのって難しそうですが、この番組によると初心者はまず演者が花道から出てきたときに掛け声を入れるといいらしいですね。一度掛け声入れてみたいんですが、そのためには屋号を覚えないといけないわけで。苗字が中村だからといって中村のみんなが中村屋じゃないことも今回始めて知りました。うーむまだまだ覚えないといけないことが沢山ありますね。
義経千本桜あたりを面白いと思えるまでにはまだまだ道が長そうです。
2008/02/11(月) 00:06 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
私も若い時、初めて歌舞伎を見ました。職場で毎月貯金をしていて、年に1回の
観劇なのですが、初めて見た時は、それはそれはきれいな舞台に感激しました。
観劇で感激したんです。
2008/02/11(月) 11:44 | URL | kobito #-[ 編集]
天才と呼ばれるような人は私生活に多少問題があっても容認されるっていうのはホントですね。特に役者さんなんかは、経験も芸の肥やしとかって、黙認されてるようです。奥さんも太っ腹でないと勤まらないですぅ。
それにしても大河ドラマで武田信玄役を演じた亀治郎の女形には目が点でした、まるでかくし芸大会を見たようだったなー。(ってものすごく失礼ですよね!ごめんなさいです。でも絶品でした。)6月の公演はまだ詳細が決まってないけど、行ってしまいそうです。川下り?も見てみたいなー。
2008/02/13(水) 11:21 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
>yumikoar@さん
こちらこそ初めまして。
「歌舞伎とか狂言とかって、私のジャンルの限り無く遠い場外だったんですが」ってのにはホント激しく同意ですよ。一生触れることはないと思ってましたもん。今回ばかりは食わず嫌いはよくないと真剣に考えさせられました。
獅童はホントに歌舞伎役者だったみたいですね。海老蔵もそうですが私生活に難があっても一つ才能に秀でてさえいれば多少の無茶は許されるという良いお手本ですよ。
凡人の自分はただ羨むだけです(^_^;
2008/02/12(火) 22:41 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>あきのすけとやら
ブログ初めて1年以上経つというのにやっと初コメントとは。まったく友達甲斐が無いですねあきぽんさんは。ぷんすかですよ。
それはそうと遠征は香川でしたか。以前坂本竜馬の写真送ってもらったからてっきり高知だと思ってました。どっちにしろ四国未踏の自分には高知も香川も一緒な感覚なんですよね。
ところであきぽんさんは自分と同じ公演を見に行かれるんでしょうか?
実は二月花形歌舞伎の後にあるスーパー歌舞伎ってのに興味があるんですよ。正統派からは邪道とされるものがどう邪道なのか一度みてみたいものです。
あ、それと☆さんにも一回くらいコメントしとくよーに言っといてください。
2008/02/12(火) 22:32 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>yumikoar@さん
もう立派な歌舞伎ファンですね。
記事中でもちょいと述べました通り、2月花形の見所を事前にリサーチしたところ、「香川まで遠征した某職員」の方もyumikoar@さん同様に亀治郎が見所と教えてくれたんですよ。ところがわたくし歌舞伎はもちろんのこと大河ドラマすらてんでまともに見たことが無い始末でして(^_^;
「お臼に亀治郎という顔合わせが新鮮だ。」
と、公式HPにも書いてありましたんで亀治郎の女形に目が点になったんでしたら、ある意味yumikoar@さんの期待に応えられたんじゃないでしょうか?(笑)
2008/02/14(木) 01:50 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>yumikoar@さん
確かに自分も「これだったら午後の部もみてもいいかな?」なんて思いましたもん。お客さんの中には1日通してはもちろん、同じ公演を2度、3度と見られた方もいらっしゃるとか。暦が長い歌舞伎ファンの方なら日による演技の違いなんてものが分かるんですかね?
二月花形歌舞伎の特集番組でも亀次郎の6変化が見所だといってました。亀次郎自身はインタビューで「早着替えは歌舞伎の定番なんで・・・」みたいな感じで謙遜してましたけど、午後の部の見所であることには間違いないようです。
日本の文化といえば水曜の深夜フジテレビ系でやってる「NIPPON@WORLD(にっぽんあっとわーるど)」が面白いですよ。日本の文化について流暢に語る外国の方達が面白いです。この番組を見ると日本もまだまだ捨てたもんじゃないなと思えますよ。また外国人の視点から語られることによって今まで当たり前だと思って日本の日常に価値があることを再認識させられるといいますか。
2008/02/18(月) 01:13 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
番組情報ありがとうございます!! 2月9日にも博多座の特番があったらしいですね?思いっきり見損ねてしまいました!豆まきの様子はたまたまローカルニュースで見ましたが、その時点では、見流してました。今だったら録画するな(笑)はい、確かに日本大好きの外国の人って日本人以上に日本文化に詳しかったりしますね。つっこんだ質問されても答えられません(笑)最近はテレビでも日本の歴史や文化に関するクイズ番組が多いような。マイブームだと思ってた「和の再発見」ってもしかして社会現象?
2008/02/18(月) 16:27 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
いやー、メールで知らせてくれるとは、いいお母様ですね~、歌舞伎のチケットをゆずって下さったりとか。
今日はいよいよ千秋楽ですね。2、3日前にTVでCMやってましたけど、チケット買えるんでしょか。
約1ヶ月の公演おつかれさまってとこですが、何度も通われた熱心なファンの人達は終わると淋しいでしょうね。ごひいきの役者さんが同じ福岡にいるって思うだけで嬉しい2月だったというか。6月歌舞伎の顔ぶれはまだ未定なんですかね?
2008/02/23(土) 11:26 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
6月博多座大歌舞伎は期間の発表だけで配役の公表はまだみたいですね。「大」がついているのは通常よりなにか豪華な感じにだと捉えていいんでしょうか?
千秋楽に関してはあきのすけ氏が見に行かれたようですのでレポをマル投げします。
時代はアウトソーシングぅ。ぐーぐぐーぐぐぅぐーぐぐーぐぐぅ。以上エドはるみがお送りいたしました。
2008/02/24(日) 17:30 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
>あきのすけ様
おお、タイムリーに千秋楽レポありがとうございます。
2階席って通常いくらなんでしょうか?熊本~福岡が4枚キップで片道2000円ですからグッズ+帰りのキップ代がついてるとしても1万6千円ならあんまし観劇キップってお得じゃないような(^_^;
千秋楽は客席めがけてダイビンぐぅ~。ぐーぐぐーぐぐぅぐーぐぐーぐぐぅ。以上エドもうええっちゅーねん。
千秋楽レポの続き楽しみにしています。6月の公演情報をしってらっしゃったら合わせてよろしくおねがいしますm(_ _)m。
2008/02/24(日) 17:42 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
ご要望にお答えして?!
着席後の話なんぞしてみようかな。
2回1列目ってことで、他人の背中や
頭に邪魔される心配もなく。
まず 第一幕『車引』
ちゃんとした内容については、ネットで検索してください。3兄弟の仕える主人が、主流派(1人)・反主流派(2人)ってことで、敵対しておりまして、主流派の主人の牛車を反主流の兄弟2人が立ち塞ぐ話なんだけど、亀治郎が女っぽい役で、かわいらしかった。あと、歌舞伎には動物も結構でてくるんだけど、牛車の牛も獅子舞みたいに2人中に入って、前に進んでいくのもかわいらしい。
第2幕『鳴神』
実は、お正月に☆丸さんと東京で見た海老さんの歌舞伎の演目にも含まれていた題目です。立派な僧が、絶世の美女にたぶらかされて戒律を破り、逃げた美女を恨んで雷どんに変身し暴れまわる話です。
上人が初めて女子をオサワリするところが見物です。いいオッサンが、やわらかい胸の先に取っ手のようなものがついているが?とかま クスっと笑えるエロスですね。
(前に人がいなくて見やすい席だったのに、ちょっと寝てしまいました エヘ)
第3幕『蜘蛛の糸』
これが1番楽しみでした。
亀治郎6変化。
先月の海老蔵が7変化でした。
歌舞伎の見物のひとつ、早変りですね。
さっき、おっさんだったのに、あっという間に美女です。
最後は蜘蛛の妖怪です。
白糸がスパイダーマン以上に出ます。
出まくりです。
私が座っていた2階席にも糸が降ってきました。(もちろん お土産ということで、鞄に入れて帰りました。)
終演後、外にでて、マフラーしてこなかったのを思い出し、蜘蛛の糸をかぶってみたりしました。すぐ鞄に入れましたけど・・
そしてネットで拾った情報です。
6月博多座
昼の部 曽我の対面 娘道成寺 髪結新三
夜の部 加茂堤・賀の祝 韃靼 弁天小僧
誰がやるのかまでは拾えませんでした。
弁天小僧は 面白いと思います。
泥棒です。
ほいじゃ 今日のところは
ここまで
2008/02/25(月) 13:20 | URL | あきのすけ #-[ 編集]
あきのすけさま
千秋楽レポ&6月情報ありがとうございました!2階1列目、最高ですね。ちなみに私は2階の袖席でしたので、舞台の端の方は見えませんでした(泣)。亀治郎の変身「さっきまでおっさんだったのがあっという間に美女」っての、見たかったなあ。6月の顔ぶれが楽しみです。
2008/02/25(月) 17:53 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
歌舞伎ははじっこをちょこっとかじったばかりの超初心者なので、皆さまのご指南を仰ぎたいです。場所提供して下さる管理人さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたしまする。6月の「大」歌舞伎、顔ぶれにもよりますが、たぶん行ってしまいそうです。「舟乗り込み(「川下り」とは言わないんですねっ)」なるものも見てみたいけど、当方佐世保在住なので地理的にハンディキャップが! 歌舞伎鑑賞も交通費がプラスされるんで「歌舞伎積み立て」しないとね。
2008/02/28(木) 14:19 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
「歌舞伎初心者yumikoar@のいつか歌舞伎で合いの手を入れてやる!」みたいなブログを始められませんか?(笑)
まったく歌舞伎に興味がなかった初心者がいかに歌舞伎に傾倒していくかの変遷を綴ったブログは結構面白いと思うんですけどね。
もちろんここで今後も語っていただいて結構ですし、むしろ自分もそれを望んでるんですけど、同じく超初心者ゆえ歌舞伎に対して受け答えられるだけの知識のキャパが自分には無い(^ω^;)
また6月の公演もyumikoar@さんのように自腹を切って行くまでには自分の情熱も達してないんですよねぇ(保険屋さんがチケくれれば当然真っ先に行きますが)。
というわけで歌舞伎ブログなんてどうですか?(笑)
2008/02/29(金) 03:32 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
4月じゃなくて2月、でした。
こんだけじゃなんなのでついでに、歌舞伎とは全然関係ないんですが、お笑い芸人さんで、「ジャパネットたかた」の社長のまねする「ジャワネットたかた?」とかって人、個人的にめちゃくちゃ面白いです。「なだぎ」の「ややこしや~」もマイブーム中だす。
2008/03/11(火) 15:38 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
博多座6月歌舞伎のラインナップが発表になりましたね! やはり大物勢揃い、だけあってチケットも4月よりグレードアップしてますです。みなさんは行かれるんですか?
2008/03/11(火) 15:28 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
ジャワネットたなかでごわす。
2008/03/12(水) 01:07 | URL | クリオネ #mYbggkm6[ 編集]
>クリオネさん
実はジャワネットたかなが正解らしいです。たなかじゃなくて「た・か・な」。ややこしやぁ。自分も田中とおもっていたもので(^_^;
情報ありがとうございました。
*youtubeジャワネットたかな
http://jp.youtube.com/watch?v=ebcm4eaZqRA
>yumikoar@さん
歌舞伎好きなyumikoar@さんならご存知かもしれませんが「ややこしや」の元ネタは野村萬斎です。NHKの「にほんごであそぼ」という番組で放送されていたこともあり、子供たちの間で「ややこしや」はすでに一昔前のブームなのだだそうですよ。
以下ウィキペより抜粋
戯曲『間違いの狂言』からの「ややこしや」の一節が子どもたちのあいだで流行したこともある。その人気もあってか、子どもだけでなく、幅広い年齢層で話題になった。「ややこしや」の一節は2008年、お笑い芸人のなだぎ武(ザ・プラン9)のギャグのネタのBGMにも使われ、これが切っ掛けで携帯電話の着うたにもなった。
参考「ややこしや」
http://www2.odn.ne.jp/~nihongodeasobo/mansai/yayakoshiya.htm
2008/03/12(水) 02:42 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
「ややこしや」の元ネタが狂言ってことは母が言ってたので知ってましたが、
「にほんごであそぼ」で放送されて子供たちの間ではすでに一昔前のブームだったとは! NHKおそるべし。狂言はまだ未踏の境地ですが、面白いらしいです。それと「ジャワネットた・か・な」ですね、皆さんありがとうございます。ここ、ためになりますね(笑)
2008/03/12(水) 15:37 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
>yumikoar@
お役に立てて光栄です。
お役に立ちついでに
あやのすけのきままなお散歩
今日は父とデート♪博多座「二月花形歌舞伎」へ
http://blog.goo.ne.jp/sayomama_2006/e/379e989769f5692941e7d40f7460e7cf
福岡の食に精通されている管理人のあやのすけさんですが、歌舞伎にも造詣が深いご様子。ぶっちゃけ自分も2月公演の際にはあやのすけさんとこでいろいろと質問した次第でありまして(^ω^;)
恐らく6月公演についてもすでに情報をお持ちかとおもいます。
もしあやのすけさんのとこでコメントを残される際にはひと言「Q太朗のとこからきたぜ!」みたいなことを言っていただけるとわたくしちょいとお鼻が高くなります(笑
2008/03/13(木) 23:41 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
先日NHKの教育で、博多座2月歌舞伎に出演されてた片岡愛之助さんの舞踊が放映されてましたね。「流星」って演目で愛之助さんが雷さまの家族4人(夫婦、子供、婆さん)を演じ分けてらっしゃいました。かなりユニークな内容で面白かったです。テレビでは字幕が出るのですごくわかりやすいです。洋画も歌舞伎も字幕スーパーなしで楽しめるようになりたいっす。
2008/03/21(金) 14:18 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
あれ~、久しぶりにやってきたら跡地になってました。続かないんですか?ざんねん。六月の博多座はチケットをゲットしましたよ、昼の部。ふんぱつしてA席です。ADSLのトラブルがあって、しばし「パニッパニッパニパニクニッパ」になってしまいましたが、なんとか取れましたです。けっこう前の方です♪兄弟ピアノデュオの「レ・フレール」もチヶ取りたかったけど、発売日がもろにかぶって出遅れモードになったのであきらめました。このコメントって投稿してもだめなのかなあ。
2008/04/23(水) 14:49 | URL | yumikoar@ #-[ 編集]
yumikoar@さん
とりあえずテスト的に続けてみますが、ブログの内容は以前とは別ものになってしまいます。度々コメント頂いたのに自分の勝手で申し訳ないですm(_ _)m
とうとうA席をとられましたか。ますます本格的に歌舞伎ファンになられたようですね。やっぱしどうせみるんだったらA席だと自分も思いますよ。
そういえば今週のネプリーグにお館さま(市川亀治郎)が出てしたね。普段着だと亀治郎は千鳥の大悟(ボケの方)にしか見えませんでした(笑)
2008/04/23(水) 21:52 | URL | ほいっぴゃ~ATOZEKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/506-ad17a3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。