唐津くんち2007 2日目 お旅所神幸(おたびしょしんこう)の曳込み

ここでは、「唐津くんち2007 2日目 お旅所神幸(おたびしょしんこう)の曳込み」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
唐津くんち2日目のお旅所神幸の曳込み(ひきこみ)に行って来ました。まずはその写真や動画等を紹介をば。
以下写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

kunti2.jpg
曳込み開始間近。曳山(ひきやま、もしくはやまと読む)がずらっと奥まで並んでスタンバイしています。曳子装束の老若男女で溢れかえっております。曳込みは一番曳山の赤獅子からスタートです。


曳山は合計で14台あるんですが、こんな感じで次々と角を曲がっていきます。でもどこへ行ってるんでしょ?

kunti3.jpg
段々飽きてきたので場所を移動。曳山の後を追ってみました。人の坩堝の奥を突き進んでいると小学校の校庭(唐津市立大成小学校)にさっき見た曳山達が勢揃いしてるじゃないですか。ほほう、つまり最初からここに来てれば良かったってわけですね。

kunti6.jpg
四番曳山の源義経の兜。判官贔屓つー言葉がこの九郎判官義経から来ている事はご存知の方も多いかと思われますが、これを知ってても「はんがん」と読む人は結構いたりする(自分もその一人でした)

kunti4.jpg
七番曳山の飛龍。斜め後ろからですがなんかちょい悪(笑)な顔してます。右端に見えるのは五番曳山の鯛です。金魚金魚と連呼していた人が近くにいたので念のため。

kunti7.jpg
九番曳山の武田信玄の兜。上の義経と十番曳山の上杉謙信と見ていくと軽いデジャヴに襲われる。違いが分かるかな?

kunti5.jpg
十一番曳山の「酒呑童子と源頼光の兜」。歴史に弱いんで聞き馴染みのない名前なんですが源頼光(みなもとのよりみつ、らいこう)ってのは酒呑童子を討伐した人なんですね。源静香(みなもと しずか)はドラえもんでいうところのしずかちゃんだわな。

kunti8_20071108193957.jpg
十二番曳山の珠取獅子。シーサーじゃないのか?

kunti9.jpg
十四番曳山七宝丸その1。14台目のラストだからでしょうか他とは一線を画す造りのの細かさ。

kunti10.jpg
十四番曳山七宝丸その2。正面から見ても造形が素晴らしい。


曳山全員集合。

kunti1.jpg
近くの唐津神社付近には出店がいっぱい出店してました。なんの神社か分からないもののとりあえず拝んでおみくじを引く。大吉でした。厳島神社での再来はならず。ほっ。

感想
行くなら絶対夜のくんちと思ったんですが、金曜の19時半からというこで時間的な都合があわず断念。まぁ次の日の夜にでも行けばいいし・・・とか思ってたんですが夜は初日の宵曳山でしかやってないんですねorz。唐津観光協会のHPを見る限りでは曳山がライトアップされてて綺麗そうだったんですが残念です。まあ言ってもしょうがないんで、とりあえず何かやってそうな2日目の12時から始まるお旅所神幸の曳込みに行ってみる事にしましたよ。何も分からずとりあえず現地に来てみたんですが、車の心配をよそにすんなり県総合庁舎に駐車できました。お祭りごとに車で来るとかならず駐車場の問題が出てくるんですが、11時に現場に着いた時点では余裕です。しかも曳込みのある唐津市立大成小学校はすぐ横です。あまりのすんなりさに「ありゃ、まずった?やっぱ初日に来んと駄目やったんかorzそういえば来る途中車も全然混んでなかったし・・・」とか思ってたんですけどのちのちHPで調べてみればどうも2日目こそが唐津くんちのクライマックスなもよう。わけも分からず祭りの醍醐味を味わえるなんてナイスでしたねぇ。
祭りの感想としては「おだやか~」といった感じでしょか。人づてに激しい祭りだと聞いていてたのでだんじり祭りのように神輿がぶつかりあったり、博多祇園山笠のように猛スピードで駆け抜けていくような荒々しいもんだと勝手に期待してたんですが、どっちかっていうと博多どんたくというか仮装行列というか・・・いわゆる「パレード」って感じですかね。聞くところによるとあの曳山一体で今のお金の価値に直すと1億5千万円くらいするものらしいんでぶつけあったりする訳ないんですけどね(曳山は県重要有形民俗文化財)。近くの唐津神社まわりにはお化け屋敷やら金魚すくいやら出店がたくさん出店してますんで、おだやかな縁日気分を味わいたいなら来てみて損はないんじゃないでしょうか。
ほんとはこの後15時からの曳き出しもみるべきだったんでしょうが、1日で佐賀の祭りを2つこなすという強行スケジュールだったので。
・佐賀バルーンフェスタへ続く(かも)

参考
・唐津観光協会
 ・14台の曳山フォトギャラリー
紹介し切れなかった全曳山14台をを全てみる事ができます。
・唐津くんち情報『唐津くんちに来んね!』
曳山がよく見えるためのおすすめスポットなど唐津くんちに関する詳しいことが書いてあります。初めて唐津くんちに行こうとする人にはおすすめです。
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
秘密で投稿いただいたので多くは伏せますがコメントありがとうございました。やはり地元の方からのアドバイスはは参考になります。
今回見れなかったバルーンフェスタの競技大会はやはり午前部に合わせてこないと見れなさそうですので、来年も行くとするならば午前九時までに会場入りする予定です。そしてそのあと唐津に戻って15時からの曳き出しを見ることができれば・・・今度こそ2大祭り制覇です。
2007/12/10(月) 05:12 | URL | 毛先がQ太朗@管理人 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/08(土) 21:16 | | #[ 編集]
唐津くんち行ってきましたよ!
やっぱり宵山がきれいでいいですよね♪
もうここ数年、宵山へは行ってません。。。
わあ~!!でも精力的ですねえ。
唐津くんちとバルーンフェスタかけもちだなんて!?
2007/11/11(日) 10:03 | URL | あやのすけ #HV7/p.k.[ 編集]
あやのすけさんのブログ拝見いたしました。写真の感じから察するに実は結構近い場所でお互い写真を撮りあっていたりして?
宵山は行きたかったです。でも二日目がメインだと聞いたので無理やりそれで納得させてます。手前味噌ですが北九州のわっしょい百万夏祭りの夜は綺麗でした。
http://toriaezutuzukumade.blog85.fc2.com/blog-entry-220.html
貧乏性なんでどうせ行くなら・・・と思ってかけもちしたんですけど予想通り大失敗でした_| ̄|○。
2007/11/13(火) 03:23 | URL | 毛先がQ太朗 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/495-48ace2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。