犬と音楽。プロレスとネット。パチンコやメダルゲーム。

映画 DEATH NOTE 感想 1

 0
 0
映画館に行ってきました。もう何年ぶりだろうか。 確か最後に映画館で観たのは南極物語だったっけな?それともチェッカーズのSong for USA?いやあれだ、里見八犬伝だ。
姉と両親の家族四人で見に行ったんですが、憶えているのは大画面で見た真田広之と薬師丸ひろ子の濃厚ラブシーン。それを家族で見た時のなんとも気まずいあの感じ。。。
てかあれだね、親と一緒に見るラブシーンてどうしてこう何ともいえない感じになるんだろ。一家団欒の楽しい会話もドラマのキスでピタリと止まる。 何処にでもあるような家族の風景♪ですな(ハナレグミ)
ま、でもそもそも自分が今ここにいるのは、自分の両親たちがドラマであったようなそれをして、その後更につっこんだ営みをした結果でってうぎゃ~~
これ書きながらちょいと親のそうゆうのを想像しただけで泣けてくるんだから、なんだか夜中に目が覚めちゃって扉開けたら「違うんだよ、パパとママは今ぷろれすごっこをしてたんだよ」 なんてのをリアルで体験した方々にはあとから結構なトラウマになるでしょうな。。。

ってなんの話だ?
はい、デスノートを見た話です。テレビで放送された前編を見て次の日映画館に後編を見に行く、まさに日テレの作戦通り通り、ライトもにやりです。
前編が大ヒットらしく(日テレ情報)、後編も行列が出るほどの大ヒット御礼中的な煽りにのっかって、わざわざ指定席まで取ったんですが、席普通に空いてましたね。まさに日テレの作戦通り。
んで肝心の内容なんですが…長くなったので第二部へ続く。まさに日テレの作戦通り(日テレは関係ない)
映画DEATHNOTE感想2 
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply