門司港レトロその2 ヴォイジャーでクルージング 福岡県北九州市

ここでは、「門司港レトロその2 ヴォイジャーでクルージング 福岡県北九州市」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

うみにぽっかり浮かぶ銀色の球体が今回クルーズするヴォイジャーです。「関門海峡クルーズ(50分)」は大人1,000円となっております。
mojikouretoro12.jpg
中はこんな感じ。船外のデッキにも出ることが出来ます。ヴォイジャーは土星をイメージした世界初の揺れない双胴船、のはずなんですが揺れますね。デッキならしぶきも結構なもんです。

mojikouretoro13.jpg
でかいタンカーを横切るのは中々の迫力があります。

mojikouretoro7.jpg
海響館でやってるイルカショーがここからでも見えましたよ。

mojikouretoro6.jpg
関門海峡(かんもん かいきょう)は本州の下関市と九州の北九州市を隔てる海峡。名称は両岸の地名である、馬関(現 下関市)の「関=カン」と、門司(現 北九州市門司区)の「門=もん」をとったものである(難関という意味の関門ではない)。旧名は馬関海峡(ばかん かいきょう)。ウィキペより

mojikouretoro19.jpg
おそらくあれは「めかりパーキングエリア」ではなかろうか。

mojikouretoro18.jpg
かなり以前にめかりパーキングエリアから撮ったもの。

mojikouretoro4.jpg
クルージングの良さって言うのは普段見えない角度から色んなものが見えることだと思うんです。だのに関門海峡の裏が如何にメカっぽくてかっちょええかを力説しても誰ものってこないのは何故なんでしょう?


後半には関門海峡をくぐる抜けるまでがはいっています。橋の下フェチにはたまらない仕様です。

前回のエントリー
・門司港レトロその1
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/482-3fed8a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。