九重“夢”大吊橋 大分県玖珠郡

ここでは、「九重“夢”大吊橋 大分県玖珠郡」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
ほんとは耶馬渓の紅葉でも見ながら、話の種がてら最近うわさの夢大橋にでちょいと寄って、帰りに中津のから揚げでもほうばりながら…って甘かった_| ̄|○。とんでもない渋滞に巻き込まれ行くも地獄帰るも地獄。かる~い気持ちのお気楽日帰りドライブの予定でしたが、もうとにかく夢大橋だけは渡ってやるぞと目的を改め覚悟を決める。
yumeo-hasi1.jpg
10月30日に落成して直ぐだから多少の混雑はしょうがないとしても人大杉やろ。駐車場に入るまでに1時間も待たされたというのに、ここからさらにこの長い列に並ばなければいけないとは。橋ですよ?橋。ただ渡るだけですよ?渡りきっても夢なんてまってませんよ?みんな一体どんだけいくとこないんだよと・・・



-----------------------2時間経過------------------------------



yumeo-hasi3.jpg
待つこと2時間、俺もどんだけ暇人なだよと自嘲しつつやっと橋の端を拝めたと思ったら…。もうほんと人大杉。落ちるって橋がwこんだけじいちゃんばあちゃんが多いとひょっとしてこれは天国に渡る橋ではないのか?とあらぬ錯覚を引き起こしてしまいます。

yumeo-hasi2.jpg
あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!(ムスカ)

yumeo-hasi4.jpg
遠くを見る分には良いんですが、この橋、床が網目のスケスケのシースルーみたいなもんだから、もうむきだしのゴロゴロとした岩肌なんかが見えちゃって高所恐怖症の俺は(;゚Д゚)ガクガクブルブー。どうせ網目でスケスケならもっと色っぽいもんを見たいもんです。

yumeo-hasi5.jpg
「日本の滝百選」に選ばれているという震動の滝。てか橋が揺れまくって携帯がブレまくりの、まともに写真なんか取れません。( ゚д゚)ハッ!震動の滝ってこういう意味だったのか(違)

yumeo-hasi7.jpg
7分間ほど歩けば向こう側へ辿り着くのですが、橋を渡りきっても当然夢など待っているはずもなく、そこにあるのはトイレと自動販売機だけ。100円玉で買えるぬくもり、熱い缶コーヒー握り締め。とにかくもう、また向こうへは、かえりたくぅなうぃ~と尾崎ばりに吼えたくなるの。

yumeo-hasi6.jpg
特別何をしたって訳でも無いのに、どっぷり陽が暮れてしまいました。ただ橋を往復するだけの行為に500円も払うってだけでも酔狂なのに、そのたった13分間ほどの往復を味わいたいがために何人もの人が3時間以上も待ってるなんてどんだけ日本は平和なんだと。にもかかわるず入場者数が4月10日の時点で100万人突破と予想の3倍を上回る勢い。なんでそんなに人が集まるんだ?みんなきっと「俺はあぶない橋を渡ってきた男だぜ?」とかオヤジなことを言いたいだけとちゃうんかと。

追加動画

当初は動画を掲載しようと思ったのですが、こちらの方がガイド付きなので。渋滞具合がいい感じで?映像化されています。

夢大吊橋(ゆめおおつりはし) | 大分県 | 九重 | -公式ホームページ-
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
100万人突破ですか(゚д゚)
しかし今はどうなんでしょうかねぇ
また紅葉の時期は凄いんでしょうね・・・
雪が積もった風景もみたいもんですがそこまで車でたどり着けるかが問題ですね。。。
2007/06/25(月) 01:01 | URL | ほっぺがアンパンマン #-[ 編集]
正直一度行けば十分です。渡りきった先に何か面白いものでも待ってなければ、今後は衰退の一途じゃないでしょか。
2007/06/27(水) 00:03 | URL | Q太朗 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/476-4af6d331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。