犬と音楽。プロレスとネット。パチンコやメダルゲーム。

久留米から3 柳川 川くだり

 0
 0
せっかく久留米に来たんで、ついでにちょいと足のばして締めは柳川で川くだりでも。
※以下画像はクリックで拡大します。
yana1.jpg
川くだりといえば、以前に熊本は人吉の球磨川急流下りを体験した事があります。球磨川急流なんていうもんだから、もしかしてジェットコースター並みにわぁーキャー言わされちゃうの?とか期待しつつもそこまで急流でもなく、騒いじゃおうにもなんだか微妙…。ましてや今度は急流ですらないもんだからはてさてどうしたもんかと半ば諦め気味でしたが、これがどうしてなかなかいいじゃないですか。
生い茂り垂れ下がった木々の隙間を船で通り抜けるのはちょっとしたランボーだし、迫りくる橋をぎりぎりの高さでくぐりぬけるのはマトリックスで水中から突然なぞの生物(亀が)口を開け襲ってきたり(水面の食パンを喰っているだけ)するのはインディぽい?(無理やりです)

yana3.jpg
時間も夕間詰めだったのがちょうどよく水面に映る夕日がきれいで、沈む夕日としなだれた木のレイヤーはちょっとした絵画ですな。醤油倉や酒蔵みたいな時代を感じる建て物の横で普通の家から洗濯物が干してあるのが見えるギャップも面白い。

yana2.jpg
最初1500円は高いかなと思ったんですが、年代もののビンテージなおっちゃんがたった一人で1時間も船こいで、橋が迫ってくるたんびにかがんだり立ったりするのは結構な労働。そんなおっちゃんが夕日を背にしてとる柳川音頭が絶妙なコラボでミクスチャーをともなったふゅーちゃりんぐかつかっぷりんぐうぃずなんでとってもさてぃすふぁくしょんでした。 退屈せずにこんなにゆったりとした気分の1時間を過ごせたのはほんといつ以来でしょう。激しいものよりのんびりしたものが好きになってきた傾向は、やっぱし歳を取ってきた証拠ですかね。

前回のエントリー
久留米から柳川まで2
久留米から柳川まで1
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply