久留米から柳川まで 1

ここでは、「久留米から柳川まで 1」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
まあ、男女が3年以上も付き合ってると遊びで思いつくところは大概行ってしまってるわけで。他のカップルは一体休みの日には何してんのかと小一時間程問い詰めたくてしょうがありません。
そんなわけでここまでくるともう行ってない場所を しらみつぶしに行きまくるしかないわけで、然るに今回は久留米は成田山から柳川までの日帰りドライブとなりました。

成田山…ここがどんなところだなんて当然知る由もなく、迷わず行けよ行けば分かるさと石段を登ってみれば、右の脇道になんか奉ってあったんで、まぁとりあえず拝んどけよと入ってみれば水子供養…無言で後退する二人。 おでかけモードの俺らを神妙な面立ちで迎えるご遺族がたの視線が痛い。下に無知とは恐ろしい。

成田山がどんなところであれ、ここのウリが巨大観音像なのはわかります。この慈母大観音像は全長62メートもあって(総工費20億円ナリ)遠くからでも十分な存在感。拝観料500円で観音像の中を登れるとの事。

500円とられんのか…う~む。
どーせ見たところで( ´_ゝ`)ふーんで終わるんでしょうけどこれもまぁ記念だし、観光地なんてどこ行ったってそんなもんだし、 1度来たからもう2度とここにはこないだろうという自信もあって とりあえず観音像の足元まで来たんですが、でかい。

nari1.jpg
この観音像は頂上まで(頭の部分まで)登れるんですが移動手段は螺旋階段のみ。内部には仏像や写真が飾ってあってところどころにある小窓から外が覗けるようになっています。

nari2.jpg
はじめは小窓を開けまくって喜んでいたんですが 、いつまでも続く螺旋階段と傾いた床が平衡感覚を狂わせ繰り替えし鳴り響く般若心経と登るにつれて冷えていく空気がなんともいえない不気味さを醸し出していました。
夜は夜景が綺麗かもしれませんが、それよりも普通に怖い。登りきった後の達成感といえばまともな平地を歩ける喜びくらいか?
まあ所詮遊園地じゃないんだし、神社や仏閣なんてこんなもんだろうと思っていたんですが
久留米から柳川まで2に続く。
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/459-8cc8b5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。