感謝的 解体ヨエコ ツアー 2008.07.01 福岡 ROOMS

ここでは、「感謝的 解体ヨエコ ツアー 2008.07.01 福岡 ROOMS」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
倉橋ヨエコのラストライブ行ってまいりました。
ここから先はセットリストなどを載せてますのでネタバレ禁止な方はライブにいかれた後の後日談的に再度訪問していただけるとありがたいかと。

最初で最後の生倉橋ヨエコです。ニコニコやyoutube等のライブ映像から受けていた倉橋ヨエコのイメージは大きく覆され、肩を完全に露出したまるでウエディングドレスのようなフリフリのついたスカート、髪は肩まで下ろしたセミロングに毛先にウエーブがかかっており更にティアラのようなものまで付けています。和のテイストは何処へやら完全に洋のいでたちです。孫にも衣装?いたちの最後っ屁?なんと表現したらいいかわかりませんがもう普通に綺麗なんですよね。風前の灯の中にある一瞬の煌き?じゃないですけどドレスと廃業が結婚式を連想させ「ヨエコ、綺麗だよ。・゚・(ノД`)・゚・。」みたいな新婦のお父さん的心境になっちゃうんですよね(自分だけ?)。まぁ、そのせっかくの純白のドレスの上に「廃業」とかかれた真っ黒なタスキ(廃章)をかけてるあたりがヨエコらしいんですけど。イメージは2008年度ミス廃業クイーンらしい。ミスなんたらというものをを今までもらったことが無いので勝手に作って勝手に受賞したんだそうな。
イメージと違うといえばてっきりヨエコの単独弾き語りだと思っていたらバンドを引き連れてきたということ。ヨエコ以外が全員黒縁メガネというなんとも偏った人選だなぁと思っていたらそれもそのはず、バックのメンバーはメガネレンチというバンドを独自でやってるみたいですね。
MEGANE WRENCH

金魚想う (スペシャル古城ミックス)‐ニコニコ動画(SP1)の古城つーのはこのメガネレンチのボーカルだったってわけです。ちなみに今回はこの古城さんと岡和田君は欠席の模様。バックバンドはMegane Wrenchの二人に(いっきゅう(Drums)、時光君 (Bass))にプロデューサー兼Guitarの根上誠二だったようです(不確実)。

んで今回のセットリスト
01.白い旗
02.鳴らないピアノ
03.感謝的生活
04.卵とじ
05.あいあい
06.盗られ系
07.過保護
08.白の世界
09.マネキン人間
10.友達のうた
11.損と嘘
12.夜な夜な夜な
13.春の歌
14.夏
15.人間辞めても
16.恋の大捜査
17.はないちもんめ
18.輪舞曲

アンコール 1
19.メドレー(自転車、ラジオ、レモンケーキ、森へ行く、ラブレター、梅雨色小唄)
20.ジュエリー

アンコール 2
21.依存症 ~レッツゴー!ハイヒール~
22.東京
23.楯

ライブ中のMCなどを詳しく知りたい方はこちら
Cynicism | 倉橋ヨエコ『感謝的 解体ヨエコ ツアー』@福岡 ROOMS

上のリンクに補足的な感じで追記すると

※ライブ前に食べたのは博多駅地下街の名代ラーメンらしい。ヨエコがちゃんぽん頼んでる間にいっきゅう(Drums)がラーメンを替え玉2回した事に驚いたんだそうな。悔しいんでライブ終わってからもラーン食べに行くんだそうですが、むしろはるばる福岡まで来て食べたのが駅地下の名代ラーメンなのが驚きです。しかもラーメン屋でちゃんぽんて。せっかくだからもっといいもの食べようよぉ。

※プロディーサーの出身は大野城ではなく小郡といってたような・・・

※メドレーの自転車やレモンケーキは21歳のときに初めてつくったものらしい。

※ジュエリーは倉橋ヨエコとして作った最後の曲らしい。だもんで「解体ピアノ」にも未収録。

※ライブ最終曲の楯は30分で出来上がったものらしい。実体験に基づくものらしいが・・・

とまぁこんな感じです。
最終曲は梅雨色小唄か楯のどっちかだと予想してました。ツアータイトルが「解体」ヨエコツアーだったんで楯のPVを見たことがある方なら薄々予感されたんじゃないかと思います。ちなみに楯のPVはこちら

これが実体験なんて・・・いったい何があったんでしょうか。 

初めての倉橋ヨエコだったんで分かりませんけど、客のノリはあまり良くなかったと思います。まぁそりゃそうですわな。目の前でどんなに素晴らしいもの表現されたって、それももうこれで最後なんだという思いの方が強ければ素直に楽しめるわけ無いですし。好きなればこその悲壮感が漂うのはしょうがないことですよね。ダブルアンコールの依存症と東京でなんとか盛り上がってきたって感じでした。

客層は予想以上に男が多かったです。しかもオタク風の(もちろん自分も含めて)。他の方のブログを拝見しても今回が初ライブという方が結構いらっしゃるようですし、やっぱし好きになったきっかけはこれから始まったって人が多かったんじゃないでしょうかね。
この曲でファンになりました。倉橋ヨエコ編。それはいちファンが作った自作PVから始まった


引退の真相についてなにか新たな発表があるかと思ったんですが、概ね公式サイトの発表どおりでした。序盤のMCで「私は食べ物の恨みは忘れないんですが…根上さんちのルカニちゃん(猫)に寿司を奪われまして…」とかいうくだりがあったので、ははーんさてはプロデューサーと寿廃業してもっぱ最近は根上さんちで猫とニャンゴロ・・・とか思ってたんですけど残りの選曲からしてどうにも幸せになってそうにも思えません(^ω^;)
そしてちょろっと2ch覗いた感じでは
「3月7日に青山の月見ル君想フというライブハウスで野狐禅とツーマンライブを行ったとき、野狐禅のシーグラスって曲を2階客席で聴いてヨエコがスタッフが外へ連れ出さなければならないほど号泣してた」
んだそうな。
んでそれからしばらく経った4月30日に廃業宣言。。。決まったことを邪推しても意味が無いことですけどこういうのを見るとホントに悔いの無い廃業だったのかな?とか疑ってしまいます。
【元気に】倉橋ヨエコ Part7【依存症】

今回会場になったROOMSというのはスタンディングでも250名しか収容できないんですが、ライブ前日というのにもかかわらず普通にファミマでチケットが買えました。8年間も活動していてしかもそのラストライブというのに250名の会場ですら完売に出来なかったっていうのはやはり商業音楽的に成功してるとは言えないんじゃないでしょうか。所属もベイブスターレーベルとか聞いたことの無いレーベルですし(ビクターの傘下らしいが)、見込みの無い古参に予算をつぎ込むより可能性のある新人を・・・的な感じで解雇通告を受けたとも考えられなくも無い。後半のMCでは人生は厳しく辛い的なこと言ってましたし、自分が作詞作曲の全てを手がけたとしてもCDを出したりライブを行ったりするのは決して一人では出来ないんだよ的な発言もありました。自分が今表現したい事だけを発表しても興行的に成り立たなければプロとしてやっていけない、みたいなわだかまりのようなものを抱えてるんでしょうか。
「自分がそれをやったら明日死ぬといわれれば、だったら自分はそれをやって明日死にたい」みたいなニュアンスの事もMCで言ってたはず。だから「倉橋ヨエコ」を廃業しちゃうのかなぁと思ったりしました。

誰が悪いって事は絶対に無いと思うんですが、もうすこうしこう世間に知られるきっかけがあれば倉橋ヨエコはもっと沢山の人に受け入れられたに違いないと思うんですけどねぇ。それこそカワズ君の検索生活で紹介されたレッツゴー!陰陽師のようにテレビなど巨大なメディアで放送されさえすりゃーネット界隈だけに留まらず一般的なファンも沢山獲得できたんじゃないかと思うんですが、これももう後の祭りです。

とにかくね、もう残念なんですよ。そりゃ未練たらしくダラダラ書きますって。
なんといわれようが絶対廃業なんかして欲しくありません。
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

関連タグ : 倉橋ヨエコ,

コメント
この記事へのコメント
ヨエコライブに参加なさったそうで
大変うらやましいです。
にしても、250が埋まらないって
信じられません。
ヨエコさんは、本当はもっと活動したかったのかな?
だとしたら、せつないです。
根上さんプロデュースでピアノの曲が好きです。
東京ピアノのアルバムがいちばん好きです。
レポありがとうございました。
様子だけでも知ることができて、
うれしいです。
2008/07/02(水) 23:19 | URL | ななこ #-[ 編集]
ヨエコいいよなぁ~
こういった曲を歌う人って私が知らないのか今いないと思うんですよね。。
一般向けではないんでしょうか?
動画の楯は初めてPV観たときは涙が止まりませんでした。
今もPVをみたらなんだうるうる。
最後の曲が楯とは、会場にいたらわたしゃ泣いてましたな。
暗い歌詞が多いんだけど
カラオケで歌うとなぜだかストレス発散できます(笑)
ヨエコの代わりになんだったらカラオケで歌いますよ?(ぐふふ)
でもライヴ行きたかったなぁ・・・(T△T)
2008/07/02(水) 23:59 | URL | ほっぺがアンパンマン #-[ 編集]
私は、「東京」の象さんにやられました。
涙涙・・・
2008/07/03(木) 01:27 | URL | ななこ #-[ 編集]
>ななこさん
正直自分も前日に前売りが買えるだなんて思いもしませんでしたよ。んでライブ会場をググってみたら250名しか収容出来ないところだというし、ラストライブでこれはありえんやろと。
でもこれが現実なんですね。世間的にも興行的にもやはり倉橋ヨエコの認知度はこの程度だったということです。売り切れたと思ってたライブに行けてしかもとんでもなく近くで見られたというのにファンとしては複雑な気分です。
ちなみに東京の最終公演は2日間とも即日完売。ヤフオクでは浜崎や関ジャニに引けを取らないほど取引額が高騰してるんだとも。なんともまぁ大層な温度差に二度びっくりですよ。
2008/07/03(木) 01:38 | URL | ほいっぴゃ~ATOZEKI #-[ 編集]
>ほぺあんさん
東京は即日ソールドアウトだったんですが、実は名古屋と仙台はまだチケットがあるらしいんですよ。ヨエコの出身である名古屋で完売しないといのはなんとも寂しい限りなんですけど。
名古屋はまぁ4日なんで物理的にも行くのは無理だとして、仙台公演は12日でしかも土曜日です。こうなりゃもう見に行くしかありませんな。ちなみに仙台までのパックをぐぐってみたら1泊宿付で38000円なり。やっぱ九州から宮城は遠いですな。宮崎と一字違いなんだけどなぁ(´・ω・`)
2008/07/03(木) 01:45 | URL | ほいっぴゃ~ATOZEKI #-[ 編集]
>ななこさん
「東京」は確か珍しく実写のヨエコが登場してたはず。たしかにあれもキますよね。PVは奇抜で面白いやつもけっこうありますよね。「盗られ系」と「損と嘘」は映像としてもまた違った中毒性があります。
本文に書いてない、つーか本来ならむしろこういうことを本文でかかないかんのですが、ライブ中に一番涙腺にきたのは「春の歌」。「元気は出るまで出すな」は100sのももとせの「まだ泣くな、まだ泣くな」に通ずるものがあります。こう言われるとむしろ涙腺が(笑)
そしてもう一つの泣ける歌「梅雨色小唄」は贅沢を言えばメドレーじゃなくフルバージンで聴きたかったです。
2008/07/03(木) 02:00 | URL | ほいっぴゃ~ATOZEKI #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/03(木) 10:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/435-8fe8f36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。