プロ市民

ここでは、「プロ市民」 に関する記事を紹介しています。

パチンコ・パチスロ・音楽・雑記など


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
今日は朝から母親と二人でマル(息子)を火葬して来ました。享年9歳11ヶ月。犬と猫は10年生きたとして人間の年齢に換算すると56歳相当らしいので、思えばあんなにやんちゃだったとらもいつのまにか年をとっていたんだな…となんかしみじみ。
10年弱というのは犬としてもちょいと短い人生だったと思います。ちゃんと最後まで看取る事が出来ましたが、振り返れば犬の飼い方としては間違っていたかもしれません。もともと室内犬なのでそんなに運動させる必要もないし、また健康を考えれば餌はドッグフードだけ与えるのが一番良かったはずです。にもかかわらず散歩も朝晩毎日させたし、えさもジャーキーとか生レバーとか普通のえさよりもおいしいものをたくさん食べさせりと、とにかく犬の喜ぶ通りにさせた。
そのほとんどの世話を1人で担い、安楽死の決断を下した父が、マル(息子)の死を前に取り乱すことなく平然としていられるのはマル(息子)に対して悔いが無いからでしょう。そんな生まれてから死ぬまでつくされたマル(息子)はきっと幸せだったと自分は信じています。
普段おちゃらけてる自分も流石にこの日ばかりはしんみりとしてたんですが、マル(息子)の火葬が終わるまでの待合室、ふと雑誌棚を見ると「2006年犬カタログ」

なんじゃそりゃ~ヽ(*`Д´)ノ

「さぁ~て、次は何飼っちゃおうかなぁワクワクo(^-^)o」なんてどんだけ切り替えがはえーんだよ!ちょいとあさっての方向にポジティブ過ぎやしませんかい?
さらに雑誌棚を漁ってみれば「楽しい犬とのあそびかた」あのぅもう死んでるんですけど・・・。
なんかね、飼い主とペット産業側とに温度差がありすぎて、もう怒りを通り越してしらけちゃったというか。もう少し霊園側も気をつかえよと。それって人間で例えれば火葬場の待合室に「こっこっくらぶ」や「たまひよ」が置いてあるようなもんでしょ?(違うか?)そんなに簡単に割り切れるくらいなら何の迷いも無く幸せになれるってーの@スガシカオ
こんなことがいちいち気になるなんて自分ってばもうプロ市民?
関連記事
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)

関連タグ : 動物, 癒し,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syoujikisumankatta.blog36.fc2.com/tb.php/37-2439e1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。